バーオソルとは?

barre au sol

バーオソルとは?

世界最古の体幹トレーニングと言われているバーオソルクニアセフメソッド®︎(以下バーオソル)はパリジェンヌに大人気のバレエエクササイズで、パリでは街中のスタジオに必ずと言っていいほどクラスが入っています。
バレエを習っている子供から美容のために取り入れているマダムまで、又、バレエを基本とする競技のアスリートや俳優etc、様々なジャンルの方のトレーニングとして、世界中で愛好されているメソッドです。

バーオソルの由来

ロシア系フランス人のバレエ教師 ボリス・クニアセフ氏によって1950年代に考案されました。
当時のスタジオにバレエバーを設置することができなかったため、立位ではなく座ったり寝た状態でバレエの動きを行い、バレエに必要不可欠な体幹や筋力をアップさせていくメソッドが考案されました。これがのちにバーオソルの基本となります。

※ボリス・クニアセフ氏の愛弟子 ジャクリーン氏に20年以上直接指導を受けているKANAMIトレーナー

本場フランスのバーオソル

現在フランスでは、クラシックバレエ、ジャズ、コンテンポラリー等、様々なジャンルのバーオソルが展開されています。
プロを目指しているバレエダンサーの体幹強化やボディメイクや健康のため等、その人の目的に合わせて受けることができます。

バーオソルの特長

・重力を感じにくい体制で行うため、身体の余計な力が抜けやすく、体幹を鍛えながら身体の柔軟性アップが期待できます。又、怪我の予防にも効果的です。

・深層筋にアプローチしていくのでダイエットにも効果的。インナーマッスルを強化してバランスの取れたボディラインを作っていきます。

・床に寝たり座ったりしながら行うので、初心者でもポーズがとりやすく、バレエの経験問わずどなたでも楽しんでいただけるメソッドになっています。

スキルアップのために定期的にパリへ行き、自身をアップデートしています。初めての方もお気軽にお問い合わせください。

初心者の方はこちらの動画もオススメです

メールでのお問い合わせはこちらから

レッスンのご予約はこちらから